に投稿 コメントを残す

クレメンス vs. ストラスバーグ:正しいフォームがもたらすキャリアの違い

ロジャー・クレメンスとスティーブン・ストラスバーグの比較動作解析:故障を防ぐための正しいフォームとは

野球ファンの皆さん、こんにちは。今回は、伝説的な投手ロジャー・クレメンスと現代のスター投手スティーブン・ストラスバーグの比較動作解析を通じて、投球フォームの重要性について解説します。

ロジャー・クレメンスの偉業

ロジャー・クレメンスは、メジャーリーグで24年間にわたって活躍し、通算354勝を挙げました。さらに、7回もサイヤング賞を受賞した彼は、驚異的な速球を武器に数多くの打者を打ち取ってきました。しかし、クレメンスの真の凄さは、その長いキャリアを通じて肘の故障を一度も経験しなかったことです。

クレメンスの投球フォームは、理論的に非常に優れており、故障を防ぐための動作がしっかりと組み込まれています。彼の投球スタイルは、力強さと正確さを両立させるものであり、その動きはまさに教科書的と言えるでしょう。

スティーブン・ストラスバーグの苦難

一方、スティーブン・ストラスバーグは、メジャーリーグでその才能をいかんなく発揮してきた速球投手です。しかし、彼のキャリアは度重なる肘の故障に悩まされました。最終的には重度の神経障害により引退を余儀なくされました。

ストラスバーグの投球フォームは、速球を投げるための力に頼る部分が大きく、これが故障の原因となりました。速い球を投げること自体は問題ではありませんが、間違ったフォームで球速を上げようとすることが、故障のリスクを大幅に高めてしまうのです。

正しいフォームの重要性

私たちがここで強調したいのは、速球を投げるための正しいフォームの重要性です。球速が上がるから故障するのではなく、間違ったフォームで球速を上げようとするから故障するのです。正しいフォームを身につけることで、長く健康にプレーすることができます。

 レジー・スミスオンラインアカデミーのご紹介

このような背景から、レジー・スミスオンラインアカデミーでは、正しい投球フォームを学ぶための質の高いトレーニングを提供しています。レジー・スミスは、自身の経験と知識をもとに、選手たちに正しいフォームを身につけさせ、故障を防ぐための技術を教えています。

オンラインアカデミーでは、動画を通じて分かりやすく指導を行い、誰でも簡単に学べるようになっています。正しいフォームを身につけたい方、故障を防ぎたい方は、ぜひレジー・スミス・オンラインアカデミーをご利用ください。

お問い合わせ

詳しくは、以下のリンクからご覧いただけます。

動画オンライン・アカデミー

まとめ

ロジャー・クレメンスとスティーブン・ストラスバーグの比較を通じて、正しい投球フォームの重要性が改めて浮き彫りになりました。速球を投げること自体は素晴らしいことですが、正しいフォームで投げることで、長く健康にプレーすることができます。レジー・スミス・オンラインアカデミーで正しいフォームを学び、あなたのキャリアをサポートしましょう。

 

に投稿 コメントを残す

メジャー最高のカーブの秘密、マックス・フリードの軌跡を追う!

マックス・フリード投手は、アトランタ・ブレーブスのエースとして、メジャーリーグで最高のカーブを投げることで知られています。彼の野球人生は、幼少期からレジー・スミス氏の指導のもとで育まれてきました。その指導は、彼が現在もオフシーズンに継続して受けているものであり、その努力が彼の成功に大きく貢献しています。

レジー・スミス氏と言えば、その名は主に打撃に関連していますが、実際にはドジャースのレジェンド、サンディー・コーファックス氏の理論を取り入れた指導を行っており、多くの優れた選手を育成してきました。その中にはマックス・フリードも含まれており、彼の投球の質の高さはその指導の賜物であると言えるでしょう。

この動画では、マックス・フリード投手がレジー・スミス氏から受けた質の高い指導が彼の現在のステータスにどのように影響しているかがよく伝わります。さらに、レジースミス・オンライン・アカデミーでは、フリード投手のカーブの投げ方や投球理論などが解説されており、野球少年からプロ野球選手、または指導者にとって非常に有益な情報となっています。

マックス・フリード投手の軌跡や彼が受けた指導の重要性を探求したい方は、ぜひ、レジースミス・オンライン・アカデミーのサイトもチェックしてみてください。それによって、彼の投球の秘密が分かるでしょう!

レジースミス・オンライン・アカデミー
投球編

投球コースの詳細&申込み


打撃編

打撃コースの詳細&申し込み

に投稿 コメントを残す

ピアッザの成功の陰にレジースミス理論

2016年に野球殿堂入りを果たしたマイク・ピアッザ氏の凄い物語をお届けします。最下位の1389位でドラフト入団!非常に厳しいスタートから始まりました。最初は周囲からの期待は非常に低く、マイナーリーグ時代に監督と衝突、自らチームを辞めて家に帰ってしまったこともありました。しかし、レジースミスの支えや指導によって立ち直り、成功への道を歩み始めました。ピアッザの大成功はピアッザ本人の努力と彼の才能を見事に見抜いて支え続けたレジースミスの野球指導と心のサポートが大きかったと言えます。 さらに、この動画では冒頭にアスレチックスの冨岡聖平選手の物語も紹介されています。彼もレジースミス理論によって野球人生を変えた一人です。 決してエリート選手ではなくても、レジースミス理論を学ぶことで、そのチャンスは誰にでもあると信じています。ぜひ、オンラインアカデミーをチェックしてみてください。

投球オンラインアカデミー

打撃オンラインアカデミー 

投球&打撃・割安パッケージ 

 

に投稿 コメントを残す

ロープトレーナーが肩の故障を防ぐ!

先日、ロープトレーナーを購入されたお客様から、「肩の痛みが消えた」というメールを頂きました。肩関節の構造を知ることで、正しい投げ方をすることで肩の痛みから解放されることは可能です。特にローテータカフの構造を理解することが非常に重要です。
ローテータカフ(Rotator Cuff)は、肩の関節を構成する一群の筋肉と腱の総称です。これらの筋肉と腱は肩甲骨と上腕骨の間に位置し、肩関節の安定性を提供し、様々な動作において肩の正確な動きをサポートします。主に肩の外旋(rotation)や挙上(elevation)などの動作に関与します。

ローテータカフは、次の4つの主要な筋肉で構成されています:

  1. Supraspinatus(上方棘筋): 肩甲骨の上方に位置し、上腕骨の頭部と肩甲骨の棘の下を通り、外旋と肩の挙上に関与します。
  2. Infraspinatus(下方棘筋): 肩甲骨の下方に位置し、上腕骨の頭部と肩甲骨の棘の下を通り、外旋に重要な役割を果たします。
  3. Teres Minor(小円筋): 肩甲骨の外側に位置し、外旋と肩の外側への引き寄せに寄与します。
  4. Subscapularis(肩甲下筋): 肩甲骨の前面に位置し、内旋と肩の内側への引き寄せに関与します。

これらの筋肉と腱は、協力して肩関節の運動を制御し、特に上腕骨の頭部を正確に中央に配置して肩の安定性を確保します。ローテータカフの損傷や炎症は、肩の痛みや制限された動き、機能の低下を引き起こす可能性があります。スポーツや重い物の持ち上げ、反復動作などが原因で、急激な動きや長期間にわたる使用によって損傷が発生することがあります。

ローテータカフのトラブルは一般的であり、治療法には安静、物理療法、抗炎症薬の使用、そして重度の場合には手術が含まれることがあります。肩のトラブルを予防するためには、適切なストレッチや筋力トレーニング、姿勢の正しい保持などが重要です。医師や理学療法士の指導を受け、正確な診断と治療プランを得ることが重要です。

ジョン・スモルツ氏が語るロープトレーナーに語る

下記のトレーニング用品が必須!

ショルダーチューブ

Jバンド

に投稿 コメントを残す

トレーニング用品で肩や肘の故障を防ぐ時代!

肩や肘の故障を防ぐためには、適切なトレーニングと予防策が必要です。以下に、特に肩や肘に焦点を当てた野球トレーニング用品や方法について詳しく説明します。

  1. Resistance Bands(抵抗バンド): Jバンド
    • 抵抗バンドは、肩の強化や柔軟性向上に効果的です。内外転、伸展屈曲、肩甲骨の動きなどをトレーニングすることで、肩の安定性を向上させ、故障のリスクを軽減できます。
  2. Shoulder Tube(ショルダーチューブ): ショルダーチューブ
    • ショルダーチューブは、肩の安定性を向上させるために使われます。これにより、肩関節の運動範囲を改善し、投球時の負担を分散させることができます。
  3. Medicine Balls(メディシンボール): キングオブザヒル
    • メディシンボールを使ったトレーニングは、全身のコア強化やスローイングモーションのトレーニングに適しています。安定したコアは、肩や肘にかかる負担を軽減するのに役立ちます。
  4. フォーム矯正用トレーニングボール: ロープトレーナー
    • 特に投手向けに開発されたトレーニングボールは、正しいフォームや投球メカニクスを習得するのに役立ちます。これにより、肩や肘への負担を最小限に留めることができます。
  5. アイスボールやクールダウン用品:
    • 練習や試合の後にアイスボールやクールダウン用のアイテムを使用することで、肩や肘の炎症を軽減し、怪我の回復を促進できます。
  6. ジャンプロープやアジリティコーン:
    • 全身の動きや反応力を向上させるトレーニング用具も重要です。特にアジリティコーンは足の動きをトレーニングし、フィールディングやベースランニング時の急激な動きに対応する力を養います。
  7. プレートウェイトやディップバー:
    • 肩や肘だけでなく、上半身全体を強化することも重要です。プレートウェイトやディップバーを使用して、トータルな筋力を養いましょう。
  8. 専門のフィジカルセラピストやコーチの指導: レジースミス・オンライン・アカデミー投球編
    • プレーヤーは定期的に専門のフィジカルセラピストやトレーニングコーチの指導を受けることが重要です。個々のプレーヤーの身体状態に合わせた効果的なトレーニングプログラムを作成できます。

これらのトレーニング用品を使った総合的なアプローチは、肩や肘の強化だけでなく、全身のバランスとコアスタビリティを向上させ、野球での怪我の予防に貢献します。プレーヤーはトレーニング前に医師や専門家に相談し、適切なプログラムを確立することが大切です。

RHKトレーディングINC.の野球トレーニング用品や動画を是非、お試しください。