に投稿 コメントを残す

残念な縦スイング理論:ティーチャーマン

ティーチャーマン・ヒッティングのリチャード・シェンク氏:疑問の多いスイング理論

アーロン・ジャッジを指導してアメリカで有名になったリチャード・シェンク氏。しかし、彼のティーチャーマン・ヒッティング理論には多くの疑問が寄せられています。特に、彼の「バットを平行に振ると上に当たればフライで、下に当たるとゴロになるからダメです」という発言は、多くの専門家やプレイヤーから批判を受けています。

平行スイングに対する誤解

シェンク氏は平行スイングを否定し、これが不適切な打撃方法であると主張しています。しかし、実際には強いゴロやライナー性の打球、フライはフィールド内でヒットになるチャンスがあります。平行スイングは、適切なタイミングとスイングの軌道を維持すれば、確実に強いコンタクトを生み出すことができます。シェンク氏の理論は、この重要な点を見落としていると言わざるを得ません。

縦スイングのリスク

シェンク氏が推奨する縦スイングは、バットのヘッドを下げることによってボールに対して垂直にバットを振る方法です。しかし、このスイング方法には多くのリスクが伴います。バットの外側に当たれば打球は反対側のファウルとなり、内側に当たれば自分の身体に当たる危険性が高まります。このようなリスクを無視して縦スイングを推奨することは、プレイヤーの安全性を軽視していると感じられます。

実践との乖離

シェンク氏の理論は、一部の選手には効果的であったかもしれませんが、すべてのプレイヤーに適用できるわけではありません。彼の指導方法は、多くの場合、実際の試合でのパフォーマンス向上に寄与していないと指摘されています。例えば、平行スイングを適切に使いこなすことで、強い打球を生み出すことができる選手が多いのに対し、縦スイングの効果は限定的であり、低打率に陥りやすくなります。

批判と反論

多くの打撃コーチや専門家は、シェンク氏の理論に対して懐疑的です。彼らは、平行スイングがもたらす利点を無視して、縦スイングのみを推奨するシェンク氏のアプローチを批判しています。また、実際の試合におけるデータや選手のフィードバックからも、シェンク氏の理論が必ずしも効果的ではないことが明らかになっています。

まとめ

リチャード・シェンク氏のティーチャーマン・ヒッティング理論は、一部の選手には効果を発揮したかもしれませんが、多くの批判を受けています。平行スイングに対する誤解や縦スイングのリスク、実践との乖離がその主な理由です。選手の安全性や実際のパフォーマンスを考慮するならば、シェンク氏の理論には疑問の余地が多く、慎重に検討する必要があります。

動画オンライン・アカデミー

 

に投稿 コメントを残す

スティーブン・クワン:現代版イチローと称される天才打者の秘密

スティーブン・クワン&プロベローシティーバット

スティーブン・クワン:現代版イチローと称される天才打者の秘密

スティーブン・クワン選手は、その卓越した打撃技術と驚異的なパフォーマンスで野球ファンを魅了し続けています。先日のオールスター戦に選出された彼は、現在両リーグトップの打率.352を誇り、その成績は断トツの1位です。彼のデビューから116球に渡り空振りの記録がなかったという驚異的な実績は、2000年以降にデビューした選手の中で最多記録となり、多くの注目を集めています。

スティーブン・クワンのプロフィール

スティーブン・クワン選手は、彼の一貫した打撃成績と優れた守備能力でメジャーリーグにおいて確固たる地位を築いています。彼の打撃スタイルは非常に独特で、そのスイングは非常に速く、かつ正確です。この精密さが彼の高い打率を支えています。

プロベローシティーバットとオーバーロード・トレーニング

クワン選手が驚異的な打撃技術を持つ理由の一つに、彼が使用しているプロベローシティーバットとオーバーロード・トレーニングがあります。このバットは、スライドバレルを上に固定することで、スイングの求心力を高める特別な設計となっています。クワン選手は、このバットを使って身体の前でグリップが交差するようにスイングし、コンパクトで強力な打撃を実現しています。

このトレーニング方法は、クワン選手が持つ優れたバッティング技術をさらに向上させ、彼の驚異的な打率を支えています。プロベローシティーバットを使用することで、クワン選手はオーバーロード・トレーニングを効果的に行い、スイングのスピードと力を最大限に引き出しています。

現代版イチローと称される理由

スティーブン・クワン選手は、その卓越した打撃技術と高い打率から「現代版イチロー」と称されています。彼のプレースタイルは、かつての名選手イチロー選手を彷彿とさせ、多くのファンに愛されています。イチロー選手と同様に、クワン選手もまた、高い打撃技術と驚異的なパフォーマンスで知られています。

クワン選手の打撃スタイルは、非常に正確であり、空振りをほとんどしない点が特徴です。彼のデビューから116球に渡り空振りの記録がなかったという事実は、その正確さを如実に示しています。これは、彼がどれだけ優れたバッティング技術を持っているかを物語っています。

スティーブン・クワンのこれからの活躍に期待

スティーブン・クワン選手の驚異的なパフォーマンスとその成長には、多くの期待が寄せられています。彼の打撃技術は日々進化しており、今後もさらに多くの記録を打ち立てることが予想されます。プロベローシティーバットを使ったオーバーロード・トレーニングを続けることで、彼のスイングはさらに強力かつ正確なものとなるでしょう。

まとめ

スティーブン・クワン選手は、その卓越した打撃技術と驚異的なパフォーマンスで現代版イチローと称されています。彼の打率.352という成績は、両リーグトップであり、断トツの1位です。クワン選手が使用するプロベローシティーバットとオーバーロード・トレーニングは、彼の驚異的なバッティング技術を支える重要な要素となっています。

クワン選手の今後の活躍に目が離せません。彼の成長と共に、メジャーリーグの未来がさらに明るくなることでしょう。これからもスティーブン・クワン選手のパフォーマンスに注目し、彼の素晴らしいプレーを応援していきましょう。

プロベローシティーバット : PRO VELOCITY BAT

に投稿 コメントを残す

翔平さんの進化、『日本式とサヨナラ!』

翔平さんの進化、『日本式とサヨナラ!』

大谷翔平選手は、その並外れた才能と努力により、常に進化し続ける選手です。今回、その進化の過程を具体的に見てみましょう。左側の画像は2016年のプレミア12での本塁打シーン、右側の画像は先日の2024年オールスター戦での本塁打シーンです。これらの画像から、翔平選手のバッティングフォームの変化と、その効果について詳しく解説します。

まず、明らかに違う点は前脚のタイミングの取り方です。これは誰でもすぐに分かる変化です。2016年のプレミア12では、前脚を大きく上げてからステップする動きが見られました。この動きは、パワーを生み出すための重要な要素ですが、タイミングを取りにくく、投手の球速や変化球に対して対応するのが難しくなることがあります。一方、2024年のオールスター戦では、前脚の動きがよりスムーズで、ステップの幅も小さくなっているのが分かります。この改良により、投球に対するタイミングの取りやすさが向上し、バッティングの安定性が増しています。

次に注目すべき点は、インパクトからフィニッシュまでの顔の動きです。8年前の翔平選手は、ボールをよく見るためにヘッドバック(頭を後ろに引く動き)が強すぎて、顔の向きがボールの位置に固定されていました。このため、身体の回転が止まりやすく、スイングの力が手首に集中しやすくなり、手打ちになってしまうことがありました。この手打ちのスイングは、パワーが十分に伝わらず、飛距離や打球の鋭さが不足しがちです。

現在の翔平選手は、顔を正対させることで、下半身と連動しながらスイングを行っています。これにより、身体全体の力を効率的にボールに伝えることができ、スイングがより力強く、安定したものになっています。特に、両手フィニッシュのスイングが見られるようになったことで、スイングの軌道が安定し、ボールに対するパワーの伝達が最適化されています。

このような変化は、翔平選手が常に自己改善を追求し、最良の結果を得るために努力している証です。彼の進化は、単に技術的な側面だけでなく、メンタル面やフィジカル面でも大きな影響を与えています。彼のバッティングフォームの改良は、より多くのパワーと安定性をもたらし、試合での成果にも直結しています。

最後に、今回の進化が示すように、大谷翔平選手の未来には更なる可能性が広がっています。彼の進化を見続けることで、多くのファンが刺激を受け、彼のプレイを楽しみにすることでしょう。翔平選手の今後の活躍にも期待が高まります。

以下のリンクから、翔平選手のさらなる情報や彼のトレーニング方法について学ぶことができます。

大谷翔平選手の進化を見守り、その素晴らしいプレイを応援しましょう。彼の努力と成長に、これからも目が離せません。

#大谷翔平
#プレミア12
#2024オールスター戦
#レジースミスベースボール https://www.rsbc.jp/
#RHKトレーディングhttps://www.rsbc.jp/

に投稿 コメントを残す

令和の投手は松坂大輔から学べ!山下舜平太との投球フォーム徹底解析

この動画では、松坂大輔氏と山下舜平太投手の投球フォームについて詳しく解析しています。松坂大輔氏の投球フォームの最大の特徴は、軸足の外転によるパワーの生み出し方です。このテクニックは、投球時に脚の力を効率よく使うことで、腕や肩への負担を軽減しながらも最大限の力を発揮することができます。

松坂大輔氏のフォーム解析
松坂氏の軸足の外転は、投球動作におけるレッグ・ドライブとフット・ストライクのタイミングを最適化します。これにより、投球の際の力の伝達がスムーズになり、腕や肩の故障リスクを大幅に減少させることができます。この方法は、長期間にわたって高いパフォーマンスを維持し、怪我を防ぐための重要なポイントです。

山下舜平太投手のフォーム解析
一方で、山下舜平太投手の投球フォームにはショートアームと腰の回転による特徴があります。ショートアームは、投球動作をコンパクトにすることで速度と精度を向上させる一方で、肩や肘に過度の負担をかける可能性があります。また、山下投手の腰の回転は、過度の捻転差を生み出し、肩や胸郭にも負担をかけることがあります。これらの要素は、投手の故障リスクを高める可能性があるため、適切なフォームとバランスの取れたトレーニングが重要です。

キングオブザヒルの紹介
さらに、この動画では「キングオブザヒル」を使用した効果的な練習方法についても紹介しています。「キングオブザヒル」は、投手が正しいレッグ・ドライブとフット・ストライクのタイミングを習得するのに非常に役立つツールです。このツールを使用することで、投手は自身の投球フォームを改善し、効率的な動作を身につけることができます。

まとめ
この動画を通じて、松坂大輔氏の投球フォームの素晴らしさを再確認し、令和の若い投手たちがどのようにして怪我を防ぎながらパフォーマンスを向上させることができるのかを学んでいただけることを願っています。松坂氏のフォーム解析からは、軸足の外転とそれに伴うパワーの生み出し方、レッグ・ドライブとフット・ストライクのタイミングの重要性を学ぶことができます。また、山下舜平太投手のフォーム解析からは、ショートアームと腰の回転による影響を理解し、適切なフォームの重要性を再認識することができます。

さらに、「キングオブザヒル」を使った練習方法を取り入れることで、投手は自身の投球フォームを最適化し、故障リスクを減少させることが可能です。特に、若い投手やこれからプロを目指す選手にとって、このようなツールを活用したトレーニングは非常に有益です。

ぜひこの動画をご覧いただき、松坂大輔氏と山下舜平太投手の投球フォームの違いと、それぞれのフォームがもたらす利点とリスクについて学んでください。そして、令和の時代における若い投手たちがどのようにして高いパフォーマンスを維持し、怪我を防ぐことができるのかを理解し、実践していただければ幸いです。

関連リンク
レジースミスベースボールジャパン (https://www.rsbc.jp)
キングオブザヒル (https://www.rhktrading.com/product/kothpssq)

キングオブザヒル: KING OF THE HILL

に投稿 コメントを残す

賢い新人投手、ギャビン・ストーンがドジャースに新風を吹き込む

賢い投手、ギャビン・ストーンがドジャースに現る

ドジャースのファンにとって、2024年シーズンは特別な意味を持つ年となりました。その理由の一つが、ルーキーのギャビン・ストーン投手の存在です。ストーンは、その卓越したピッチング技術と戦略的な投球スタイルで、既にチームの柱としての地位を確立しつつあります。

ストーンは今シーズン、チームトップの9勝2敗という成績を収めています。これは、新人投手としては驚異的な成果であり、特に前回の登板で見せた完封勝利は、ドジャースで2年振りの快挙となりました。この勝利は、ストーンがただのフレッシュな才能ではなく、本物のエース候補であることを証明するものでした。

ストーンの投球スタイル

ギャビン・ストーンのピッチングは、従来の豪速球に頼るスタイルとは一線を画しています。彼は、速球のみに依存せず、シンカーやチェンジアップといった変化球を駆使して打者を翻弄します。これらの変化球は、速球との速度差や軌道の変化を利用して打者のタイミングを狂わせるため、非常に効果的です。

特にストーンのチェンジアップは、そのキレと制球力で多くの打者を打ち取っています。この球種は速球と同じフォームで投げられるため、打者にとっては見分けがつきにくく、効果的な空振りを誘発します。また、彼のシンカーは微妙な上下動を伴い、打者がボールの下を叩いてしまうことが多く、ゴロアウトを量産します。

ボールの小さな動きと制球力

ストーンのもう一つの強みは、ボールの小さな動きを活かしてストライクゾーン内で勝負できることです。彼はボールを微妙に動かすことで、打者のスイートスポットを外し、弱い打球を生ませる技術を持っています。この微妙な変化は、打者にとって非常に厄介であり、ストーンの制球力と相まって非常に効果的です。

ストライクゾーンの隅々を攻める精密なコントロールは、彼のピッチングの大きな特徴です。彼はコースを厳しく突くことで、打者を追い込んで有利なカウントを作り出します。この戦略的な投球は、ストーンが単なるパワーピッチャーではなく、知的な投手であることを示しています。

新時代の到来

ギャビン・ストーンの登場は、ドジャースにとって新たな時代の幕開けを告げるものでしょう。彼のような知的な投手が活躍することで、チームの戦略の幅も広がります。速球のみならず、変化球や制球力を駆使して打者を抑えるスタイルは、現代野球においてますます重要となっています。

ストーンの成功は、他の若手投手にも大きな影響を与えることでしょう。彼のような投球スタイルを手本にすることで、多くの投手が自身の技術を磨き、新たな高みを目指すことができます。

まとめ

ギャビン・ストーンは、その卓越した技術と戦略的な投球スタイルで、ドジャースの未来を担う投手として期待されています。彼のピッチングは、速球だけに頼らず、シンカーやチェンジアップを駆使して打者を打ち取る点が特徴です。また、ボールの小さな動きと精密な制球力を活かしてストライクゾーン内で勝負することで、打者を翻弄します。

ストーンの登場は、ドジャースにとって新たな時代の到来を意味しています。彼の成功が、チーム全体に良い影響を与え、多くの若手投手が彼を手本にして技術を磨くことでしょう。今後もギャビン・ストーンの活躍から目が離せません。

動画オンライン・アカデミー