に投稿 コメントを残す

正しいテイクバックが故障を防ぐ!

ロープトレーナーは、野球界で正しいテイクバックを身につけるための優れたツールです。肘への無理な負荷や誤ったフォームは、怪我の原因となります。特に、肘が背中の後ろに入る動作や肘からの吊り上げは、肘の故障を招くリスクが高まります。

近年、肘の怪我が増加しており、手術を受ける選手も増えています。このような状況を受けて、ロープトレーナーが注目されています。ロープトレーナーを使用することで、正しいテイクバックのフォームを身につけ、肘への負荷を軽減することができます。

肘の手術は、選手にとって大きなリスクと負担をもたらします。しかし、ロープトレーナーを取り入れることで、このリスクを減らすことができます。ロープトレーナーは、適切なフォームを維持し、肘への負荷を最小限に抑えることで、怪我のリスクを軽減します。

選手はもちろん、コーチの皆さん、ロープトレーナーを積極的に取り入れてください。正しいテイクバックを身につけ、怪我から身を守り、最高のパフォーマンスを発揮しましょう。肘のケアは重要です。ぜひ、ロープトレーナーをお試しください。

ロープトレーナー : ROPE TRAINER

に投稿 コメントを残す

投手の球速はどこから生まれるのか?

投手の球速が重要視される時代となり、どこからパワーが生まれるのかを知りたい選手もいると思いますので簡単に解説します。

複数の要因によって生まれます。以下は、球速が形成される主な要因です。

  1. 下半身の力:
    • 投手が地面をしっかりと感じながら、脚の力を効果的に使うことが重要です。太ももやヒップの強化により、力強い踏み出しと推進が可能になります。
    • ピッチャープレートをいかに陸上選手のスタートブロックのように強くプレートを押せるかも非常に球速に大きく関わってきます。つま先でプレートを蹴るのはなく、プレートを強く押して出力を上げてから軸足を回転させて腰を回転する2段階を踏むことで、大きなパワーが生まれます。キングオブザヒルがこの動作の習得に最適です。
  2. 体幹(コア)の強化:
    • 体幹の筋力は、上半身と下半身の連携を助け、投球のパワーを向上させます。コアが強化されると、腰の回転や上半身の安定性が向上します。ヒップ&ショルダーセパレーションという下半身から上半身の捻りによって大きなパワーが生まれます。このパワーが球速の80%を生み出すと言われています。
  3. メカニクスの最適化:
    • 正確で効率的な投球メカニクスが球速向上の鍵です。腕の振り、脚の使い方、体の回転など、すべての要素が連携してエネルギーをボールに伝達することが求められます。どんなに筋力があっても効率的なフォームを見に付けていないと簡単に故障につながります。ロープトレーナーなどで正しい腕の振りを習得することが大前提となります。
      Rope Trainer
  4. 柔軟性:
    • 関節や筋肉の柔軟性は、広い振り幅や正確なメカニクスの維持に役立ちます。柔軟性が十分でないと、制動や加速が制約される可能性があります。
  5. リリースポイント:
    • 正確で一貫したリリースポイントを維持することは、ボールの軌道を安定させ、相手バッターを欺く要素となります。リリースポイントの安定性が球速に影響を与えます。パワー系投手のストライド幅は身長の約110%と言われています。その分だけボールに加速度が付きやすくなります。チャップマンやリンスカムなどは120%のストライド幅と言われています。
  6. トレーニングと経験:
    • 定期的なトレーニングと実戦経験が球速向上に不可欠です。反復練習によって筋力やメカニクスを向上させ、実際の試合でのプレッシャーに対応する力を養います。

これらの要因は複雑に絡み合っており、個々の投手によって異なる組み合わせがあります。投手はこれらの要因をバランスよく組み合わせ、個々の特性に合わせて継続的にトレーニングと調整を行うことで、より速いボールを投げる能力を発揮します。

に投稿 コメントを残す

ロープトレーナーが肩の故障を防ぐ!

先日、ロープトレーナーを購入されたお客様から、「肩の痛みが消えた」というメールを頂きました。肩関節の構造を知ることで、正しい投げ方をすることで肩の痛みから解放されることは可能です。特にローテータカフの構造を理解することが非常に重要です。
ローテータカフ(Rotator Cuff)は、肩の関節を構成する一群の筋肉と腱の総称です。これらの筋肉と腱は肩甲骨と上腕骨の間に位置し、肩関節の安定性を提供し、様々な動作において肩の正確な動きをサポートします。主に肩の外旋(rotation)や挙上(elevation)などの動作に関与します。

ローテータカフは、次の4つの主要な筋肉で構成されています:

  1. Supraspinatus(上方棘筋): 肩甲骨の上方に位置し、上腕骨の頭部と肩甲骨の棘の下を通り、外旋と肩の挙上に関与します。
  2. Infraspinatus(下方棘筋): 肩甲骨の下方に位置し、上腕骨の頭部と肩甲骨の棘の下を通り、外旋に重要な役割を果たします。
  3. Teres Minor(小円筋): 肩甲骨の外側に位置し、外旋と肩の外側への引き寄せに寄与します。
  4. Subscapularis(肩甲下筋): 肩甲骨の前面に位置し、内旋と肩の内側への引き寄せに関与します。

これらの筋肉と腱は、協力して肩関節の運動を制御し、特に上腕骨の頭部を正確に中央に配置して肩の安定性を確保します。ローテータカフの損傷や炎症は、肩の痛みや制限された動き、機能の低下を引き起こす可能性があります。スポーツや重い物の持ち上げ、反復動作などが原因で、急激な動きや長期間にわたる使用によって損傷が発生することがあります。

ローテータカフのトラブルは一般的であり、治療法には安静、物理療法、抗炎症薬の使用、そして重度の場合には手術が含まれることがあります。肩のトラブルを予防するためには、適切なストレッチや筋力トレーニング、姿勢の正しい保持などが重要です。医師や理学療法士の指導を受け、正確な診断と治療プランを得ることが重要です。

ジョン・スモルツ氏が語るロープトレーナーに語る

下記のトレーニング用品が必須!

ショルダーチューブ

Jバンド

に投稿 コメントを残す

トレーニング用品で肩や肘の故障を防ぐ時代!

肩や肘の故障を防ぐためには、適切なトレーニングと予防策が必要です。以下に、特に肩や肘に焦点を当てた野球トレーニング用品や方法について詳しく説明します。

  1. Resistance Bands(抵抗バンド): Jバンド
    • 抵抗バンドは、肩の強化や柔軟性向上に効果的です。内外転、伸展屈曲、肩甲骨の動きなどをトレーニングすることで、肩の安定性を向上させ、故障のリスクを軽減できます。
  2. Shoulder Tube(ショルダーチューブ): ショルダーチューブ
    • ショルダーチューブは、肩の安定性を向上させるために使われます。これにより、肩関節の運動範囲を改善し、投球時の負担を分散させることができます。
  3. Medicine Balls(メディシンボール): キングオブザヒル
    • メディシンボールを使ったトレーニングは、全身のコア強化やスローイングモーションのトレーニングに適しています。安定したコアは、肩や肘にかかる負担を軽減するのに役立ちます。
  4. フォーム矯正用トレーニングボール: ロープトレーナー
    • 特に投手向けに開発されたトレーニングボールは、正しいフォームや投球メカニクスを習得するのに役立ちます。これにより、肩や肘への負担を最小限に留めることができます。
  5. アイスボールやクールダウン用品:
    • 練習や試合の後にアイスボールやクールダウン用のアイテムを使用することで、肩や肘の炎症を軽減し、怪我の回復を促進できます。
  6. ジャンプロープやアジリティコーン:
    • 全身の動きや反応力を向上させるトレーニング用具も重要です。特にアジリティコーンは足の動きをトレーニングし、フィールディングやベースランニング時の急激な動きに対応する力を養います。
  7. プレートウェイトやディップバー:
    • 肩や肘だけでなく、上半身全体を強化することも重要です。プレートウェイトやディップバーを使用して、トータルな筋力を養いましょう。
  8. 専門のフィジカルセラピストやコーチの指導: レジースミス・オンライン・アカデミー投球編
    • プレーヤーは定期的に専門のフィジカルセラピストやトレーニングコーチの指導を受けることが重要です。個々のプレーヤーの身体状態に合わせた効果的なトレーニングプログラムを作成できます。

これらのトレーニング用品を使った総合的なアプローチは、肩や肘の強化だけでなく、全身のバランスとコアスタビリティを向上させ、野球での怪我の予防に貢献します。プレーヤーはトレーニング前に医師や専門家に相談し、適切なプログラムを確立することが大切です。

RHKトレーディングINC.の野球トレーニング用品や動画を是非、お試しください。

に投稿 コメントを残す

野球トレーニング 用品を使う有効性とは?

野球トレーニング用品は、選手たちが技術向上やパフォーマンスの向上を追求する上で欠かせないツールとなっています。これらの用品は、様々な側面から選手をサポートし、トレーニングの質を向上させる効果が期待されます。また、口頭での指導でなかなか伝わない部分がトレーニング用品の使用で効率的にできるようになります。

以下に、野球トレーニング用品を使用する際の有効性について詳しく説明します。

  1. 技術向上と正確なフォーム確立: 野球トレーニング用品は、特定の技術やフォームの向上を促進します。バッティングネットやティー、ピッチングマシンなどは、繰り返し練習を通じて正確で効果的なスイングや投球フォームを確立するのに役立ちます。これにより、選手は実際の試合でより一貫性のあるパフォーマンスを発揮できるようになります。
  2. 筋力とパワーの向上: 重りのついたバットやボール、抵抗バンドなどの用品は、筋力とパワーを増強するためのトレーニングに効果的です。これらの用品を活用することで、選手はより強力なスイングやピッチングが可能となり、ボールを飛ばす力や球速を向上させることが期待されます。
  3. 反射神経と速さの向上: 速球マシンや反射神経を鍛えるための用品は、選手の反応速度と判断力を向上させます。これがフィールディングやバッティングにおいてクイックな判断が求められる場面で重要となり、実戦において優位性を維持するのに寄与します。
  4. バリエーション豊かなトレーニング: さまざまなトレーニング用品を組み合わせることで、トレーニングのバリエーションが増えます。これにより、選手は単調な練習から脱却し、新しいスキルや戦術を取り入れる機会が増えます。トレーニングの刺激が豊富であれば、選手はより総合的な野球能力を向上させることができます。
  5. ケガ予防と身体の調整: ストレッチバンドやフィジオロールなどの用品を使った柔軟性向上や身体の調整は、ケガ予防に寄与します。選手が柔軟でバランスの取れた身体を維持することは、トレーニングや試合中の怪我のリスクを軽減し、持続可能な活動をサポートします。
  6. モチベーションと心理的な面の向上: 成功体験を得られるトレーニング用品は、選手のモチベーションを高めます。特に、リアルな試合のシミュレーションができる用具は、プレーヤーにとってよりリアリティのある状況でのトレーニングを提供し、自信と競技意欲を高める要因となります。

総じて、野球トレーニング用品は選手が練習やトレーニングをより効果的かつ効率的に行う手段として非常に有益です。しかし、用品の選択や使い方には注意が必要であり、トレーナーやコーチのアドバイスを受けながら、選手それぞれに合ったトレーニングプログラムを構築することが重要です。無理なトレーニングや過度な使用はケガの原因となる可能性があるため、慎重なアプローチが求められます。

優れた理論に効果的なトレーニング用品を使用することで、短期間で効率的な技術向上が可能になります。

『そのトレーニング ギアがあなたの野球人生を変える』