に投稿 コメントを残す

残念な縦スイング理論:ティーチャーマン

ティーチャーマン・ヒッティングのリチャード・シェンク氏:疑問の多いスイング理論

アーロン・ジャッジを指導してアメリカで有名になったリチャード・シェンク氏。しかし、彼のティーチャーマン・ヒッティング理論には多くの疑問が寄せられています。特に、彼の「バットを平行に振ると上に当たればフライで、下に当たるとゴロになるからダメです」という発言は、多くの専門家やプレイヤーから批判を受けています。

平行スイングに対する誤解

シェンク氏は平行スイングを否定し、これが不適切な打撃方法であると主張しています。しかし、実際には強いゴロやライナー性の打球、フライはフィールド内でヒットになるチャンスがあります。平行スイングは、適切なタイミングとスイングの軌道を維持すれば、確実に強いコンタクトを生み出すことができます。シェンク氏の理論は、この重要な点を見落としていると言わざるを得ません。

縦スイングのリスク

シェンク氏が推奨する縦スイングは、バットのヘッドを下げることによってボールに対して垂直にバットを振る方法です。しかし、このスイング方法には多くのリスクが伴います。バットの外側に当たれば打球は反対側のファウルとなり、内側に当たれば自分の身体に当たる危険性が高まります。このようなリスクを無視して縦スイングを推奨することは、プレイヤーの安全性を軽視していると感じられます。

実践との乖離

シェンク氏の理論は、一部の選手には効果的であったかもしれませんが、すべてのプレイヤーに適用できるわけではありません。彼の指導方法は、多くの場合、実際の試合でのパフォーマンス向上に寄与していないと指摘されています。例えば、平行スイングを適切に使いこなすことで、強い打球を生み出すことができる選手が多いのに対し、縦スイングの効果は限定的であり、低打率に陥りやすくなります。

批判と反論

多くの打撃コーチや専門家は、シェンク氏の理論に対して懐疑的です。彼らは、平行スイングがもたらす利点を無視して、縦スイングのみを推奨するシェンク氏のアプローチを批判しています。また、実際の試合におけるデータや選手のフィードバックからも、シェンク氏の理論が必ずしも効果的ではないことが明らかになっています。

まとめ

リチャード・シェンク氏のティーチャーマン・ヒッティング理論は、一部の選手には効果を発揮したかもしれませんが、多くの批判を受けています。平行スイングに対する誤解や縦スイングのリスク、実践との乖離がその主な理由です。選手の安全性や実際のパフォーマンスを考慮するならば、シェンク氏の理論には疑問の余地が多く、慎重に検討する必要があります。

動画オンライン・アカデミー

 

に投稿 コメントを残す

ギータ二世!笹川吉康選手の1軍デビューとプロベローシティーバットの威力

ソフトバンクホークス 笹川吉康選手の1軍デビューとプロベローシティーバットの威力

福岡ソフトバンクホークスの笹川吉康選手が、プロベローシティーバットを使用して1軍デビューを果たし、本塁打を放つという輝かしい成果を上げました。笹川選手は、昨年の秋季キャンプからこのバットを使い始め、その効果を存分に発揮しています。

笹川選手のスイングは、まるで柳田選手を彷彿とさせるようなフルスイングです。特に注目すべきは、フィニッシュ時にバットが右肩に当たるという動作です。日本では、このようにフィニッシュ時にバットが右肩に当たる打者は非常に少なく、この動作は身体からバットが離れないように求心力を高めていることを示しています。この重要な動作の習得において、プロベローシティーバットが大きな役割を果たしています。

プロベローシティーバットの特長

プロベローシティーバットは、選手のスイングに求心力を与え、バットが身体から離れないようにするための特別な設計が施されています。このバットの主な特長は以下の通りです:

1. 求心力の強化:プロベローシティーバットは、スイングの際に自然と求心力が高まるように設計されています。これにより、バットが身体から離れることなく、フィニッシュ時に右肩に当たる動作をサポートします。

2. パワフルなスイング:プロベローシティーバットを使用することで、選手はよりパワフルなスイングを実現できます。これは、バットの重量配分と設計が、スイングスピードを最大限に引き出すためです。

3. 耐久性と品質:プロベローシティーバットは、高品質な素材で作られており、耐久性にも優れています。長期間にわたって使用できるため、選手のトレーニングと試合でのパフォーマンス向上に貢献します。

 笹川選手の使用例

笹川選手は、昨年の秋季キャンプからプロベローシティーバットを使用し、その効果を身をもって証明しました。彼のフルスイングは、まるで柳田選手を彷彿とさせるほどのパワフルさと正確さを兼ね備えています。このスイングが可能になったのは、プロベローシティーバットの求心力強化機能による影響も非常に大きいと推測します。

プロベローシティーバットの重要性

現代の野球では、スイングの正確さとパワーが求められます。特にプロフェッショナルな選手にとって、バットの選択はパフォーマンスに直結します。プロベローシティーバットは、その特長を生かし、多くの選手が求める理想的なスイングを実現するためのツールです。

おわりに

笹川吉康選手の成功は、プロベローシティーバットの効果を実証する一例に過ぎません。このバットは、今後も多くの選手のパフォーマンス向上に貢献することでしょう。笹川選手のさらなる活躍を期待しつつ、プロベローシティーバットがどのように彼のスイングを支えているかに注目していきたいと思います。プロベローシティーバットを手にした選手たちの未来が楽しみです。

動画オンライン・アカデミー

プロベローシティーバット : PRO VELOCITY BAT

に投稿 コメントを残す

ショットカラー – プロフェッショナルの選択

西野真弘 オリックス ショットカラー使用

ショットカラー – プロフェッショナルの選択

バットの取り扱いを根本的に変える革新的な製品、ショットカラーをご紹介します。プロフェッショナルからアマチュアまで、すべての野球プレイヤーが愛用するこの製品は、バットの寿命を延ばし、プレイヤーのパフォーマンスを最大限に引き出します。

ショットカラーの特長

TPE素材でバットを保護

ショットカラーは高品質のTPE素材を使用しています。この素材はバットを傷つけることなく、しっかりと保護します。バットの表面を傷から守るだけでなく、耐久性にも優れていますので、長期間にわたって使用可能です。これにより、バットの寿命を延ばし、プレイヤーが最も重要な瞬間に最高のパフォーマンスを発揮できるようサポートします。

アンチロック・ブレーキシステムで簡単着脱

ショットカラーには独自のアンチロック・ブレーキシステムが搭載されており、簡単に着脱できます。このシステムにより、プレイヤーは試合中や練習中にストレスなくショットカラーを取り外すことができ、次の打席に集中することができます。従来の方法では、バットを地面に叩きつけてカラーを外すことが一般的でしたが、ショットカラーを使えばその必要はありません。これにより、バットへのダメージも最小限に抑えられます。

 洗練されたデザインでモチベーションアップ

ショットカラーは機能性だけでなく、美しいデザインも兼ね備えています。洗練された外観はプレイヤーのモチベーションを高め、試合や練習に対する意欲を向上させます。プロフェッショナルな見た目と感じが、プレイヤーに自信を与え、最高のパフォーマンスを引き出します。

プロフェッショナルの信頼

オリックス・バファローズの西野真弘選手をはじめ、多くのプロフェッショナルプレイヤーがショットカラーを使用しています。彼らの選択は、ショットカラーの品質と信頼性を証明しています。プロ選手が信頼する製品だからこそ、あなたのプレイにも自信をもたらします。

ショットカラーの効果

ショットカラーを使用することで、プレイヤーはバットをより長く使用でき、投資を最大限に活かすことができます。また、バットの損傷を防ぐことで、常に最良の状態でプレイすることが可能になります。さらに、着脱のストレスが軽減されることで、試合中の集中力を維持でき、パフォーマンスの向上につながります。

実際の使用例

西野真弘選手は、ショットカラーを使用することで、バットの寿命を延ばし、パフォーマンスを最大限に発揮しています。彼の成功例を見れば、ショットカラーがどれほど効果的であるかが一目瞭然です。彼は、ショットカラーを使用することで、試合中のストレスを減らし、集中力を高めることができました。

まとめ

ショットカラーは、バットの保護、簡単な着脱、そして美しいデザインを兼ね備えた革新的な製品です。プロフェッショナルからアマチュアまで、すべての野球プレイヤーにとって必須のアイテムです。西野真弘選手をはじめとする多くのプロフェッショナルが信頼するショットカラーを、ぜひお試しください。あなたのパフォーマンスを次のレベルへ引き上げるための最良の選択となることでしょう。

ショット・カラー : Shot Collar

動画オンライン・アカデミー

に投稿 コメントを残す

高めのボールを攻略しよう!成功への秘訣

プロベローシティーバット 高め打ちドリル

高めのボールを攻略しよう!成功への秘訣

野球において高めのボールを打つことは、バッターにとって非常に重要なスキルです。特に現代の野球では、ピッチャーが高めの速球を投げる場面が増えており、その対応がバッティングの成功に直結します。ここでは、高めのボールを打つことの重要性について詳しく解説します。

1. ピッチャーの戦略に対応する

ピッチャーはしばしば高めのボールを使ってバッターを打ち取ろうとします。高めの速球は、バッターが見逃しやすく、また空振りを誘発するため、ピッチャーにとって有効な武器となります。このため、バッターが高めのボールに対応できるかどうかは、打撃成績に大きく影響します。

2. カウントを有利に進める

3-2 カウントのような際どい場面では、バッターが高めのボールに対応できることが特に重要です。この状況で打つか見逃すかの選択がゲームの流れを大きく左右します。高めのボールを見逃さず、積極的に打ちにいくことで、フォアボールやヒットを生むチャンスが増え、チームの得点に繋がります。

3. フィールドの広範囲をカバーする

高めのボールを打つ技術を身につけることで、バッターはフィールドの広範囲をカバーすることができます。高めのボールを上手く捉えることができれば、外野の深い位置への強打や、ホームランを狙うことも可能になります。これにより、バッターの打撃ゾーンが広がり、相手ピッチャーにとっての脅威が増します。

4. メンタル面の強化

高めのボールを打つことは、メンタル面でも重要です。バッターは高めのボールに対する恐れを克服し、自信を持ってスイングする必要があります。これにより、他のゾーンのボールに対しても積極的に対応できるようになり、全体的な打撃成績の向上が期待できます。

5. トレーニング方法

高めのボールを打つ技術を磨くためには、適切なトレーニングが欠かせません。ティースタンドを使った練習はその一例です。ティースタンドに高めのボールをセットし、繰り返し打つことで、バッターは高めのボールへの対応力を身につけることができます。また、プロベローシティーバットを使用することで、スイングスピードやパワーを強化することも可能です。

結論

高めのボールを打つことは、現代の野球において重要なスキルです。ピッチャーの戦略に対応し、カウントを有利に進め、フィールド全体をカバーし、メンタル面でも強化を図ることで、バッターは一層の成長を遂げることができます。適切なトレーニングを通じてこのスキルを磨き、実戦でチャンスを掴む準備を整えましょう。

プロベローシティーバット : PRO VELOCITY BAT

に投稿 コメントを残す

プロベローシティーバットで打撃技術革新!